求めていた色にやっと逢えた☆ぶた天使ちゃん

a0087045_11285357.jpg
求めていた色がやっと出た。
これこそがわたしの「シグネチャーカラー」です。
名付けて「Tonsoku's Lovely Pure Pure Happy Mellow Blue」って
たった今、思いついた。
数年間、大事にあたためていたグレーズです。
何種類もの粉をまぜて
何回ものテストを重ね
やっと好きな色ができました。
、、、が、同じ色、もう作れない、、、。
原料の粉、同じ種類でも会社が違うと微妙に違う。
ブルーのグレイズ、同じ色に見えても、透明感、テクスチャーが違う。
色の付け加減、グレイズの濃度、ほんのちょっとの差が大きな違いを生む。
窯の温度、同じに設定して焼いても微妙に違う。
窯の中の器を置く位置によってもぜんぜん違う。
窯の蓋、開けるタイミング、温度確認してても微妙に違う。
この5つのカップは、その全てがうまくいきました。ブラボー♪
しかし、、、5つだけ。
窯の中では、なにが起こるかわからないので
なるべく分けて違う窯で焼くようにしています。
しかし、、、今回はもっといっぱい焼いとけば良かった、、、。
a0087045_11295441.jpg
この色のグレーズ、もう残り少しになってきました。
今までは、スタジオでこの色を使いたいと言われれば、
どーぞ♪にっこり貸してあげました。
作り方を聞かれれば、これとあれと、、、♪にっこり教えてあげました。
しかし、、、ガサツな人が使うと「Tonsoku's Lovely Pure Pure Happy Mellow Blue」の中に茶色がちょこっとまざっていたりするのです。
たとえほんの1粒でも茶色のグレーズがついてしまうと
焼き上がりがたいへんなことになるのです。
なのでわたし、とうとうドクロマーク書いちゃいました。
これで安心。これなら危険物に見えるので誰も使わないだろう。
しかし、、、それでも使うガサツなひとがいるので
とうとう自宅に持ってきました。
手ぶら好き、バッグも持たないわたくしが
カートでコロコロ、スタジオ→自宅→スタジオ行ったり来たりの
「Tonsoku's Lovely Pure Pure Happy Mellow Blue」のバケツです。
a0087045_11301382.jpg
ひとのこと、ガサツと言えないほど、いつもはガサツ大雑把なわたくしですが
陶芸だけは、とっても繊細。きめ細やかなこころ使い親切丁寧。
納得するまで手仕事やるよ。こーれーだーけーはー自信ある。
なんか、どっかのラーメン屋のカウンターにいそうな
頑固じいさんみたいだ。
いけない、いけない、いつもスポンジのように
なーんでも聞き入れ、しなやかに吸収するこころでいよう。
必要ないことは、すぐ吐き出し忘れよう。
スポンジじいさん♪これでいこう。
、、、いや、違う。
天使のうつわを作る私は、ラブリーピュアピュアハッピーメロー豚足。
このイメージで、どーぞよろしくっ!
ロクロの前には、、、栗色の長い髪、アーモンドのようなつぶらな瞳の妖精
そのまわりには、たくさんの小ちゃい可愛い天使がひらひら〜
ひらひら〜このイメージで無理矢理よろしくっ!ひらひら〜

人気blogランキング
[PR]
by unionsquarepotter | 2007-01-30 11:55 | 陶芸☆Pottery
<< レストランウィーク「Carly... にこ天使 >>